/

この記事は会員限定です

建設予定の家 見せます 野村不、複合現実で実物イメージ

[有料会員限定]

野村不動産は現実と仮想の情報を混ぜて表示するMR(複合現実)技術を活用したサービスをマンション販売に導入する。IT(情報技術)ベンチャーのネクストスケープ(東京・新宿)などと共同で米マイクロソフトのゴーグル型端末「ホロレンズ」を利用し、建設予定地に原寸大の完成イメージを映し出す技術を開発した。

7月発売の物件から順次展開する。マンション販売にMR技術を使うのは日本で初めて。

仮想現実(VR)技術に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン