/

この記事は会員限定です

ドイツポスト、配送車4.7万台をEVに 傘下で生産

[有料会員限定]

【フランクフルト=深尾幸生】国際物流・郵便の世界大手、ドイツポストは2021年をめどに保有する約4万7千台の小包配送車のほぼすべてを電気自動車(EV)に切り替える。生産能力を現在の3倍の年間3万台に高める。二酸化炭素(CO2)排出量を減らせるほか、部品交換などの車両維持費もディーゼル車より抑えられる。

独宅配大手のヘルメスも18年から順次EV化に乗り出す。自動車大国で加速する宅配EV化の動きは他国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン