山形の慶大発VB、うつ病血液検査キットが事業化段階に

2017/5/23 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

慶応大学発バイオベンチャーのヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT、山形県鶴岡市)は、22日に東京で会社説明会を開き、うつ病を血液検査で診断する研究用試薬キットを今年度下期に発売すると発表した。「研究開発段階から事業化段階に入った」と表明。海外市場開拓も本格化させる。

HMTによると、うつ病患者は国内で100万人以上、世界では3億5000万人以上にのぼる。

うつ病の診断は現在、医師によ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]