/

この記事は会員限定です

電子回路基板、試作費5分の1に 東大発VBのエージック

[有料会員限定]

東京大学発ベンチャーのAgIC(エージック、東京・文京、清水信哉社長)は高性能な電子回路基板を1枚1万円と従来の5分の1の費用で試作するサービスを始める。インクジェット印刷技術と銅メッキ技術を組み合わせた独自の製造技術を活用する。ネットで注文を受け付け、納期は中3日と従来の半分に短縮する。

フレキシブル基板と呼ばれる曲げられる電子回路基板を製造する。通信アンテナや自動車の配線などに使われる。産業ロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン