/

この記事は会員限定です

車の研究開発費 最高 国内7社、17年度3兆円迫る

[有料会員限定]

日本の乗用車大手7社の2017年度の研究開発費が3兆円に迫っている。16年度と比べて約7%増え、過去最高の2兆8500億円になる見通しだ。環境規制への対応のほか、自動運転車などの開発競争が加速。各社の業績が伸び悩むなか、開発を効率化するための外部との連携が新たな経営課題となる。

各社が計画する投資額を集計した。ホンダスズキマツダSUBARU(スバル)の4社が過去最高を更新。トヨタ自動車日産自動車

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン