自殺の中2に教諭が体罰 仙台いじめ、前日に頭たたく

2017/5/20 1:13
共有
保存
印刷
その他

 いじめ被害を訴えていた仙台市立中2年の男子生徒が4月に自殺した問題で、市教育委員会は19日、自殺前日に50代の男性教諭が生徒の頭をたたいたり、別の50代の女性教諭が授業中に生徒の口に粘着テープを貼ったりする体罰を加えていたと市議会に報告した。

 奥山恵美子市長は「体罰が(自殺の)引き金になった可能性が非常に高くなっている」と報道陣に述べた。生徒が周囲に「(たたいた)先生が怖い」と話していたことも関係者への取材で判明。以前にも複数回たたかれたと訴えていたという。

 市教委は教諭の処分を検討。近く第三者委員会を立ち上げ、事実関係の解明を進める。

 市教委によると、粘着テープを貼ったのは1月。15センチ程度の長さで約10~15分間、口をふさいだ。「生徒がうるさくしていたため」としている。4月には、授業の終了時にあいさつをする際、生徒が寝ていたため男性教諭が後頭部をたたいた。

 今月18日夜、別の生徒の保護者が、教諭による体罰があった可能性を学校側に連絡。市教委の調べに教諭2人が認めた。

 学校は2日から、自殺の背景を調べるため全校生徒を対象にアンケートを実施し、取りまとめを進めているが、記載はなかった。教職員に対する聞き取りでも、自ら報告していなかった。奥山市長は「教諭自ら調査に協力する姿勢に問題があったのではないか」と話した。

 大越裕光教育長も報道陣に、体罰と自殺に因果関係がある可能性を指摘。市教委幹部は経緯を説明する記者会見の冒頭、「体罰が発覚し生徒らに不安を与えた」と謝罪した。

 文部科学省の義家弘介副大臣は、市教委の対応に問題があったとみて奥山市長らを22日、同省に呼び、直接事情を聴いて適切に調査するよう求める。

 男子生徒は4月26日に自宅近くのマンションから飛び降りて死亡。男子生徒は昨年、ほかの生徒に「人間以下」との悪口を言われたり、ズボンを下げられたりしたと担任に訴えていた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:01
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:01
東京 22日 7:00
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 22日 22:19
22日 21:44
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 22日 6:30
22日 6:00
中国 22日 6:00
22日 5:59
四国 22日 10:57
22日 6:00
九州
沖縄
22日 21:42
22日 21:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報