/

尖閣のドローンは「メディアが空撮」 中国外務省が説明

【北京=永井央紀】中国外務省の華春瑩副報道局長は19日の記者会見で、中国海警局の船が18日に沖縄県・尖閣諸島付近で領海侵犯した際に上空を飛行したドローン(小型無人機)について「海警局が飛ばしたのではない。メディアが空撮のために使ったもので、騒がれているような軍事行動ではない」と説明した。

華氏は「なんでもないことに騒ぐ必要はない」とも述べたが、どのメディアが飛ばしたかなど詳細は明らかにしなかった。沈静化を図っているとみられる。一方、日本外務省が抗議したことには「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土であり、抗議は受け入れられない」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン