五輪費 5月中合意へ大詰め 都外自治体、負担に不満根強く

2017/5/20 0:37
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会経費の分担を巡る協議が大詰めを迎えてきた。東京都は開催費用を総額約1.4兆円と試算。うち競技会場がある都外の自治体には、運営費約400億円の負担を求める案をまとめた。都外の自治体には費用負担に慎重な意見が根強く、調整がスムーズに進むかどうかは不透明だ。月内の大枠合意を目指す小池百合子知事は難しい調整を迫られそうだ。

 「経費の圧縮と、大会組織委員会の増収、国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 21:45
21:30
北陸 21:54
16日 6:32
関西 12:48
16日 6:01
中国 10:53
16日 7:01
四国 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
21:50
12:20

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報