速報 > 地域ニュース > 四国 > 記事

JR四国、2040年度17%減 運輸局需要見通し 人口減が影響

2017/5/20 6:00
共有
保存
印刷
その他

 四国運輸局は19日、JR四国の路線別の中長期的な需要見通しの試算を公表した。2015年度は全体で5991万人だったのに対し、25年後の40年度には17%減の4974万人になるとした。急伸している訪日客など前提によっては緩和される余地はあるものの、人口減が公共交通に与える影響の大きさが浮き彫りになった。

 人口減が急速に進む四国では現在400万人弱の人口がこのままのペースが続けば40年に300万人を切る。同運輸局では昨年、JR四国以外も含む四国4県の公共交通の需要推計で25年度に約1割減る可能性があると公表。さらに地域事情を把握する参考データとして今回のJRの路線別見通しを試算した。

 路線別にみると、40年度には9路線いずれも減少し、予土線(37%減24万人)、鳴門線(32%減54万人)、内子線(29%減92万人)と利用実数がもともと小さい下位3路線の減少率が大きい。最も利用が多い予讃線は13%減の2284万人だった。

 JR四国の半井真司社長は四国全体の交通網の中長期的なあり方について、存廃も含め経済界などと議論する意向を表明している。今回の試算も参考材料になりそうだ。ただ、四国内のJR線は周回するように敷かれているため、路線別の試算がそのまま存廃につながるわけではない。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

JR四国四国運輸局半井真司

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
2:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 2:00
2:00
東京 19日 22:00
19日 22:00
信越 2:00
2:00
東海 19:03
14:01
北陸 2:00
2:00
関西 18:28
18:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
17:42
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報