住民が出資 小水力発電 高知・土佐山、売電収入を地域活動に

2017/5/20 6:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知市北部の中山間地、土佐山で住民らが出資して小水力発電会社を設立した。集落内を流れる谷川に最大出力49.9キロワットの水車型発電設備を建設し、再生エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に基づき全量を四国電力に売電する。売電で得た収入は集落維持や活性化の資金にあてる。地域活動を目的にした住民主体の小水力会社設立は四国初という。

土佐山の高川地区の住民で組織する一般社団法人「高川区」と、小水力…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]