速報 > 地域ニュース > 信越 > 記事

JRグループの信州DC、企画列車481本

2017/5/20 7:01
共有
保存
印刷
その他

 長野県とJRグループなどがつくる「信州キャンペーン実行委員会」は19日、7~9月に行う観光企画「信州デスティネーションキャンペーン(DC)」の実施計画を発表した。JR東日本JR東海が計481本のイベント列車を運行する計画で、小海線にも観光列車を走らせる。長野県はDC期間中の延べ宿泊者数を前年同期比で10%増やす目標だ。

 JR東日本は7月1日から、小海線で1日3本の企画列車「HIGH RAIL1375(ハイレール イチサンナナゴ)」を延べ60日間運行する。

 「天空に一番近い列車」をコンセプトに、小淵沢駅~小諸駅を最長3時間半かけて走る。JR東日本長野支社の小堀明夫営業部長は「信州DC終了後も、当面は小海線専用の観光列車として運行したい」と意気込む。

 JR東日本とJR東海はDC期間中は相互乗り入れする。

 例えば、旧型の「あずさ」で新宿駅(東京・新宿)と南木曽駅を結ぶ「木曽あずさ号」を目玉企画として走らせるほか、茅野駅と名古屋駅を結ぶ「諏訪しなの号」を初登場させる。

 JR東日本は鉄道で訪れた観光地を巡る足「2次交通」の充実策として、バスルートも増やす。御射鹿池~白駒の池~佐久市酒蔵を結ぶルートと、米子不動尊~鍋倉高原~野沢温泉を結ぶ2ルートを、観光周遊バス「びゅうばす」の新路線として開設する。

 JRグループの実施計画の発表に合わせて、長野県も19日、県のDC計画を正式発表した。

 観光地をモチーフにした5連貼りポスターを1500セット作成し、全国JR駅に1000セットを掲示する。フルカラーで60ページの公式ガイドブックを120万部作成し、全国のJR駅や県内宿泊施設などに配布する。

 県も2次交通の充実をDCの主要課題と位置付けており、県の企画で東御市や塩尻市のワイナリーを巡るバスを運行する。姨捨夜景ツアーや昼神温泉から治部坂高原を巡るバスツアーも開く予定だ。

 阿部守一知事は記者会見で「しっかりした価値を提供できる旅を作り上げなければいけない」と述べ、DCを信州の観光振興の起爆剤にする考えを強調した。

 県はDC期間中の延べ宿泊者数の目標として前年比10%増の672万人泊を掲げた。「北陸新幹線延伸や善光寺ご開帳があった2015年の同時期を上回る意欲的な目標だ」(県観光部)としている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:01
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:01
東京 22日 7:00
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 22日 22:19
22日 21:44
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 22日 6:30
22日 6:00
中国 22日 6:00
22日 5:59
四国 22日 10:57
22日 6:00
九州
沖縄
22日 21:42
22日 21:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報