/

国宝松本城、耐震工事へ 市が19年度着工めざす

長野県松本市の国宝・松本城が震度6強から7の地震が起きた場合、天守の一部に倒壊の恐れがあることが18日、分かった。耐震工事や避難誘導の計画を策定する。松本市が明らかにした。着工は2019年度内を目指し、工期は数年間にわたる見込みという。

市教育委員会によると、文化庁の指針に基づいて14年4月~17年3月、市から委託を受けた「文化財建造物保存技術協会」(東京)が耐震診断を実施。この結果、天守の一部は震度6強から7の地震では耐震性能が不足し、倒壊や変形の恐れがあることが判明した。

診断結果を踏まえ、市は7月にも有識者による委員会を設ける。

松本城は築城から400年以上が経過しているとされる。1950~55年には大規模な修理工事が行われ、16年度には約99万人が訪れた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン