/

「モクシー・ホテル」大阪に11月開業 米マリオット、内装こだわる

米ホテルチェーン大手のマリオット・インターナショナルは11月1日に「モクシー大阪本町」を開業すると発表した。20~30代の利用を想定し、家具や内装にこだわったデザイナーズホテル「モクシー・ホテル」の日本初のホテルとなる。

モクシー大阪本町はオフィスビルを改装し、地下鉄堺筋本町駅から徒歩数分の場所に開業する。客室数は155室でレストランやフィットネスジム、会議室なども設ける。宿泊料金は未定だが、米国のモクシー・ホテル並み(1泊80~100ドル程度)になる見通しだ。買い物や食事で国内外の観光客が訪れる難波や心斎橋へのアクセスの良さをアピールする。

マリオットは同日、東京・錦糸町にもモクシー・ホテルを開く。同ブランドはアジアで力を入れており、2020年の東京五輪に向けて訪日外国人の増加が見込まれる日本でブランドを定着させる。

モクシー・ホテルは14年にイタリア・ミラノで世界1号店を開業した。ホテル内に写真撮影用のフォトブースを設けてインターネット環境に慣れた若い世代をターゲットとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン