/

この記事は会員限定です

オークマ、IoTで日立と協業、新工場で生産効率化

[有料会員限定]

工作機械大手のオークマは16日、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を使った多品種少量生産の効率化で日立製作所と協業すると発表した。オークマの新工場棟「DS(ドリームサイト)2」に日立のシステムを導入し、実証モデルづくりに取り組む。その成果を生かし、国内外の製造業に生産を効率化するソリューションとして売り込んでいくことを目指す。

オークマは既に中小企業向けにIoTを使って簡単に生産状況を「見える化」できるサービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン