AO入試の名称「総合型選抜」に 学力評価義務化

2017/5/16 13:44
保存
共有
印刷
その他

文部科学省は16日、2020年度に実施する大学入試から、書類や面接で選考するAO(アドミッション・オフィス)入試と推薦入試に学力評価を義務付ける案を公表した。

文科省が毎年各大学に示す入学選抜実施要項を20年度に改める。AO入試や推薦入試では、新テストか個別試験のいずれかを義務付ける。一般入試でも調査書や面接の活用を呼びかけ、大学側に受験生の多面的な評価を促す。AO入試の名称は「総合型選抜」などと改める。

一方、高校生の基礎学力を確認するために19年度に導入する「高校基礎学力テスト」は「高校生のための学びの基礎診断」と仮称を改め、国の要件を満たした民間試験を活用する案を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]