2019年6月25日(火)

北陸3県上場32社、今期最終損益6割が改善 海外堅調で

2017/5/16 11:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸3県の主要上場企業32社(銀行・電力除く)の2018年3月期の業績見通しが15日出そろった。全体の6割、20社が最終損益の改善を見込む。トランプ政権下の米国での事業拡大をにらみ、自動車部品や医薬、機械などの製造業が利益を伸ばす。内需関連企業は低金利の恩恵を受けるものの、人手不足などが重荷となり先行きを慎重にみる企業も目立った。

最終増益を見込むのは18社。このうち5%増益を見込む大同工業の新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報