2017年11月18日(土)

EV充電設備、AIで効率配置 東大が新手法

2017/5/14 22:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京大学の吉村忍教授らは、人工知能(AI)によって電気自動車(EV)の充電設備を効率よく配置する手法を開発した。交通量やEVの走行状況などから、どの地域で必要になるかを点数化して示す。EVの普及に不可欠な充電インフラの整備に役立つ。

 研究グループは、AIを使った「交通流シミュレーター」を開発している。道路網や信号、交通量といった情報のほか、人間の思考や行動を考えた模擬実験ができる。これをEV向け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

研究開発吉村忍AI東京大学EVEV充電



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報