/

この記事は会員限定です

温暖化被害予測 1キロ四方で 環境省、AI使い地図

[有料会員限定]

環境省は地球温暖化が日本にもたらす被害をきめ細かく予測し、地域ごとの対応策を検討する。関東や東北地方を1キロ四方ずつに分けた地図を2020年までに作り、水害の発生や農作物の収穫量低下、熱中症などのリスクを人工知能(AI)ではじき出す。気候変動の影響が避けられないなか、堤防の強化や暑さに強い農作物への転換などを促し、まちづくりや地域の振興策に生かす。

国立環境研究所などが6月にもAIの開発を始める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン