武田薬品、iPSで薬の副作用再現 創薬効率化に道

2017/5/15 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 武田薬品工業はiPS細胞を使い、個人差のある薬の副作用を再現する手法を開発した。人が服用すると一部の化合物で表れる心電図の乱れが、iPS細胞からできた心臓の細胞でも観察できた。多くのiPS細胞をそろえれば、不整脈のような副作用のリスクを新薬開発の早い段階で予測できる見通し。有効性を検証し、より安全で効率の良い創薬につなげる。

 新薬の開発では、動物実験で問題がなくても人で副作用が見つかり、開発が中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

武田薬品工業iPSiPS細胞副作用

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 16:26
2:00
信越 1:00
1:00
東海 18:16
14:00
北陸 12:00
2:00
関西 18:07
17:37
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報