JXTG、ガソリン乱売を抑制 卸価格の基準見直し

2017/5/12 0:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

石油元売り最大手のJXTGホールディングス(HD)が卸価格の改革に乗り出す。給油所でのガソリン乱売を抑えるため、原油相場の変動の影響を受けにくい指標を採用。給油所を運営する特約店ごとにばらつきがあった卸価格の割引の基準も統一する。4月の経営統合を機に低収益体質からの脱却をめざす。

JXTGHDはJXホールディングスと東燃ゼネラル石油が経営統合して発足した。系列給油所がJXの「ENEOS」と、東燃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]