/

この記事は会員限定です

埼玉県、奨励金で民間の働き方改革後押し

[有料会員限定]

埼玉県は働き方の見直しに取り組む企業に奨励金を支給する制度を拡充した。男性の育児休業に加え、2017年度からは有給休暇の取得、残業の削減、在宅勤務の導入と新たに3項目の成果目標を設定。達成企業に10万~30万円を支払う。社会保険労務士など専門のアドバイザーも無料派遣する。男性も含めた働き方改革を進め、女性の就業を後押しする狙いがある。

県は16年度から、男性従業員が10日以上の育休を取った県内企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン