/

この記事は会員限定です

杖製造 AIで効率化 スミタ、検査・組み立てに活用

[有料会員限定]

高齢者向けの杖(つえ)などを製造するスミタ(石川県加賀市)は、検査や組み立ての工程でAI(人工知能)の活用を始めた。製品や部品にかかる負荷を検知しつつ、ロボットアームが適切な荷重をかけて耐久試験を行ったり、細かな部品を組み立てたりする。製品の品質を高めるとともに、生産能力を2倍に引き上げる。人手不足の解消にもつなげたい考えだ。

耐久試験の検査システムはロボットアームが杖を床につく動作を数十万回繰...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン