マクロン新大統領に身構えるゴーン氏 「政府介入」再燃の恐れ

2017/5/9 0:29
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 7日行われたフランス大統領選は中道系独立候補のエマニュエル・マクロン氏が勝利した。対抗馬が掲げた反欧州連合(EU)の動きに歯止めがかかり、市場は株高やユーロ高で歓迎したが、おそらく複雑な思いで結果を眺めている経営者がいる。仏政府が約20%を出資する仏ルノーのカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)だ。

 ルノーや提携先の日産自動車は8日現在、大統領選の結果に関しコメントを出していない。ただ、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 14:00
13:06
北陸 12:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報