/

山口大医学部、体内時計の乱れと糖尿病の関係解明 マウス実験で

山口大学医学部の研究グループは体内時計の乱れが糖尿病を引き起こす一因であることをマウス実験で解明したと発表した。体内時計に関連する遺伝子を活性化させる薬など、糖尿病の新たな治療法につなげたいとしている。研究成果は国際科学誌イーバイオメディシン電子版で公開した。

山口大医学部・大学院医学系研究科の太田康晴准教授、田口昭彦助教、谷沢幸生教授らのグループがマウス実験で解明した。体内時計をつかさどる時計遺伝子の働きが低下すると膵臓(すいぞう)でインスリン分泌不全が起きるとしている。

チームは糖尿病のマウスに時計遺伝子の発現を抑制するようなストレスを与えると、インスリンを分泌する膵臓の細胞に異常が起き、分泌不全を引き起こすことを確認した。インスリン分泌にかかわる機構と体内時計の間に大きな関連があることがわかったという。

以前からシフト業務や睡眠障害のある人が糖尿病になりやすいことが報告されている。チームでは肝臓など他の臓器への影響も調べる方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン