/

この記事は会員限定です

九谷焼×江戸硝子 清峰堂、和風グラス増産 研削工程を機械化

[有料会員限定]

九谷焼製造販売の清峰堂(石川県能美市)は東京のガラス工芸との協業による独自のグラス製品を増産する。磁器とガラスの研削作業を機械化することで生産能力を倍に増やす。北陸新幹線の開業で知名度が高まり、贈答用や業務用の注文が増えていることに対応する。皿や花瓶など伝統的な九谷焼の販売が減少傾向にある中、グラス分野を事業の柱に据える。

増産する「九谷和グラス」は、東京の伝統工芸品である江戸硝子(ガラス)に、九...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン