かつお節大手のマルトモ、6月に1割値上げ 不漁による原料高で

2017/5/2 7:01
保存
共有
印刷
その他

削り節大手のマルトモ(愛媛県伊予市)は1日、業務用のかつお節を6月1日出荷分から約1割値上げすると発表した。原料のかつおが国際的な漁獲規制や不漁の影響で、過去3年程度の間に4割上昇している分を転嫁する。

業務用では、1~5グラムに袋分けしたかつおパックと500グラムや1キログラムの花がつおを食品メーカーや飲食店向けに販売している。花がつおは平均で1キログラムあたり2000円程度だが、値上げ後は2200円程度で取引する。一般向けのかつお節パックは現在の価格を維持する。

同社は年間2000トン程度の業務用のかつお節を製造・販売している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]