/

この記事は会員限定です

宇宙ビジネス、東南アでスタートアップ飛躍 裾野広く

タイでアンテナ共有 小型・手ごろな衛星販売

[有料会員限定]

宇宙ビジネスに参入した日本のスタートアップ企業が東南アジアに飛躍の場を見いだしている。日本の宇宙ビジネスは官需中心だが、海外では民間企業が衛星のデータを防災や農業に活用するなど利用の裾野は広い。東南アジアは中国やインドのように軍事や政治的なしがらみが小さく、販売が容易という利点もある。

2016年創業のインフォステラ(東京・渋谷、倉原直美社長)は衛星からのデータを地上で受信するアンテナのシェアリン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン