中部電、小売り自由化も、存在感強まる、ガスでは攻勢

2017/4/29 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昨年4月に電力、今年4月にガスの小売りが全面自由化され、全国各地でシェア争いが繰り広げられるなか、存在感を増しているのが中部電力だ。首都圏で電力の販売を伸ばす一方、液化天然ガス(LNG)の調達力を生かし、ガス小売りでは攻勢をかける。東邦ガスなどライバル企業も顧客サービスで新機軸を打ち出すなど対抗する構えだ。

「まずは順調なスタートを切った。一歩先を行く総合エネルギーサービス企業グループを目指し、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]