/

この記事は会員限定です

百五銀など、ファンド通じ畜産ベンチャーに出資

[有料会員限定]

百五銀行などは28日、農畜産業関連向けの「百五6次産業化ファンド」を通じ、畜産ベンチャーのAGエンブリオサポート(AGES、北海道帯広市)に5000万円出資したと発表した。AGESは北海道に和牛の体外受精卵を大量生産できる設備を建設し、全国的に不足しているとされる子牛の肥育環境の改善につなげる。

三重県内の畜産関連企業が設立したAGESは北海道帯広市内の土地を取得。検査や受精卵の培養などの施設と牛舎を建設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り498文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン