ベトナムに行員派遣 北洋銀、現地銀と企業進出支援で協定

2017/4/29 7:00
保存
共有
印刷
その他

北洋銀行はベトナムに進出する企業への支援を強化する。ベトナム大手のベトナム投資開発銀行(BIDV)と28日、業務協力協定を結んだ。7月から行員1人をBIDVに派遣する。進出企業が現地で口座を開設したり、現地通貨でBIDVから融資を受けたりできるよう支援する。道内への観光客の誘致も後押しする。

派遣期間は2年3カ月で、道内の金融機関がベトナムに職員を長期で駐在させるのは初めてという。現地企業とのマッチングや商談の機会を設けるなどして、北洋銀の取引先である中小企業の支援に重点的に取り組む。

北洋銀の調査では、ベトナムへ進出している主な道内企業は30社ほどある。進出を検討している企業も数社あり、同行は「今後最も伸びる地域の一つ」とみる。将来は現地に拠点を構えることも検討する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]