/

福井大、結核菌への免疫の仕組み解明 マスト細胞に着目

福井大学は27日、花粉症などのアレルギー症状を引き起こす細胞が結核菌の感染から体を守る働きがあると発表した。結核菌の成分を認識する自然免疫の仕組みを明らかにしたもので、結核に対する新たな予防法や治療法の開発などにつながるとしている。

定清直教授(ゲノム科学・微生物学)、本定千知医師(呼吸器内科)が研究成果として公表した。アレルギー症状でヒスタミンなどを放出するマスト細胞に着目。同細胞に結核菌の成分を加えたところ、ヒスタミン放出などが起こり、自然免疫の役割を持つことが判明した。

細胞内のたんぱく質を薬で活性化できれば、新たな結核予防法などの開発が期待できるという。定教授は「菌をどう殺していくかは次のステップ」としている。

細胞培養実験に遺伝子工学の応用、薬剤による阻害実験などを組み合わせた研究だ。すでに国内の製薬会社から、問い合わせが来ているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン