2018年7月17日(火)

トヨタ系中堅部品3社が損益改善 海外事業で受注拡大

2017/4/28 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 トヨタ自動車系の中堅部品5社が27日発表した2018年3月期の業績見通しによると、3社の最終損益が前期に比べて改善する。海外での新規受注を伸ばす企業が目立った。

 マフラーを主力とするフタバ産業は前期比25%増の60億円を見込む。米国で需要が伸びるトラックや多目的スポーツ車(SUV)向けのボディー部品の売り上げが拡大するほか、前期に固定資産の減損損失を計上した反動が出る見通し。

 18年3月期の想定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報