/

この記事は会員限定です

ネット動画配信、淘汰の波 東映系やゲオ撤退へ

[有料会員限定]

国内の動画配信市場に淘汰の波が広がっている。東映などが主体の「bonobo(ボノボ)」は今夏にもサービスを終了する。CD・DVDレンタルのゲオ(名古屋市)やエイベックス系も相次いで撤退を明らかにした。市場は拡大しているが、米大手のネットフリックスなどが相次いで参入。競争が激化し、料金とコンテンツで違いを打ち出せない企業は退場を余儀なくされている。

ボノボは今夏にもサービスを終了すると関係者に通知を始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン