オムロン、AIで不良品予知 製造ライン用制御機器

2017/4/25 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オムロンは工場の製造ラインで発生する故障や不良品を人工知能(AI)で予知する制御機器を開発した。熟練技能者の経験や勘に基づく判断をAIに代替させ、計画外のライン停止や品質低下を未然に防ぐ。自動車や家電の製造コスト削減を期待できる。2018年の製品化をめざす。

開発したのは工場の製造工程で自動化を制御する機器。センサーで集めた装置の音や振動のデータをもとに、AIが正常な状態の製造ライン動作を学習す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]