/

この記事は会員限定です

ゲノム編集で太りやすいマダイ、体質を子孫継承 京大など確認

[有料会員限定]

京都大学の木下政人助教らは、生物の遺伝子の働きを狙い通りに変える新技術「ゲノム編集」で太りやすくしたマダイの体質が子孫に受け継がれることを確かめた。改変した遺伝子は子どもに引き継がれ、全ての細胞でゲノム編集の効果が表れていた。子のタイの方が親よりも太りやすくなる見込みだ。養殖で育てる魚の品種改良に役立つとみている。

近畿大学や国立遺伝学研究所、水産研究・教育機構などとの共同研究による成果。

筋肉の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン