/

この記事は会員限定です

三次元メディア、AIで荷分け自動化 ロボット開発に参入

[有料会員限定]

ベンチャー企業の三次元メディア(滋賀県草津市、徐剛社長)は人工知能(AI)を使い、倉庫などでピッキング作業を行うロボット開発に参入する。パレットから段ボールを取りコンベヤーに載せたり、荷物をトラックに積んだりする一連の作業を自動化できる。

同社はこれまで産業用ロボット向けセンサーを開発し、自動車メーカーなどに販売してきた。今回はロボットのハードウエアも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン