/

先駆け審査に5医薬品指定 厚労省、アルツハイマー病やがん

厚生労働省は21日、優れた新薬を早期に実用化するための「先駆け審査指定制度」の対象に、製薬会社バイオジェン・ジャパン(東京)のアルツハイマー病治療薬など5品目を指定した。この薬は患者の脳内に蓄積するアミロイドベータというタンパク質を減らし、病気の進行を抑えると期待されている。

免疫の働きを利用するがん治療薬オプジーボについても、胆道がんへの適用を審査する。オプジーボの適用は皮膚がんや非小細胞肺がん、腎細胞がんなどへと拡大が続いている。

ほかにデュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療薬なども指定された。

指定の薬は、薬事承認の手続きが優先的に扱われ、通常1年かかる承認審査が半年に短縮される。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン