太陽光パネル 減産相次ぐ 京セラ、国内生産撤退

2017/4/22 0:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の太陽光パネルメーカーが相次ぎ国内生産の一段の縮小に追い込まれている。京セラは三重県の工場を休止し、国内の組み立て事業から撤退する。国内の太陽光パネル市場は売電価格の下落で需要不振が続いているうえ、大規模な生産体制を持つ海外大手が低価格攻勢を強めている。厳しさが増すなかで日本勢はコスト構造や販売戦略の見直しを急ぐ。

太陽光パネルで国内2位の京セラは三重県伊勢市の組み立て工場での生産を3月末ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]