三井住友銀、独に新拠点 英EU離脱の影響抑える

2017/4/21 23:57
共有
保存
印刷
その他

 三井住友銀行は欧州に新たな中核拠点を設ける。ドイツ・フランクフルトに現地法人を設ける方向で検討している。三井住友銀は英ロンドンの現地法人で欧州連合(EU)加盟国全域での営業認可を取っているが、英国がEUから離脱すると効力がなくなる。ロンドンと並ぶ拠点をつくることで影響を抑える。

 同行は欧州で、ロンドンの現地法人を中心に支店網を展開してきた。英EU離脱が決まって以降、英国以外のEU加盟国に新たな現地法人を設ける検討を進めてきた。アイルランドのダブリンも候補地だったが、金融や法律などの人材の手厚いフランクフルトが最適とみているようだ。

 三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は、すでにオランダのアムステルダムに現地法人を構えており、英EU離脱の影響は限定的とみられる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 2:00
1:31
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 2:12
2:00
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報