神明、農産物加工会社を子会社化 青果事業を強化

2017/4/22 6:21
保存
共有
印刷
その他

コメ卸最大手の神明(神戸市)は農産物加工・販売のナチュラルアート(東京・港)を買収する。ナチュラルアートが25日付で実施する第三者割当増資を引き受け、発行済み株式の過半数を取得し連結子会社にする。出資額は非公表。神明は青果事業に注力しており、ナチュラルアートの仕入れルートを活用して業容拡大を目指す。

ナチュラルアートは2003年設立で、16年11月期の売上高は2億円強だった。農業関連のコンサルティングのほか、農産物の生産から流通、販売までを手掛ける。子会社には青果卸の大同印岡山大同青果(岡山市)を持つなど青果分野に強みを持つ。

神明は3月に青果卸大手の東果大阪(大阪市)を買収した。バナナの栽培も始めており、青果事業をコメに次ぐ柱に育てる目標を掲げている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]