/

この記事は会員限定です

奨学金返済、私大出身者の延滞率高く 学校に制度周知促す

[有料会員限定]

日本学生支援機構は19日、貸与型奨学金の返済を3カ月以上延滞している人の割合を初めて出身学校別に公表した。2010~14年度に卒業などで受給を終えた人が対象で、平均は1.4%。大学では国立に比べて私立が高く、最大10ポイント近い差があった。同機構は「返済義務や猶予制度について、学校側も学生に周知してほしい」と説明している。

19日、同機構のホームページで公開を始めた。大学、大学院、短大、高等専門学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン