/

この記事は会員限定です

アストロスケール、宇宙ごみ除去で衛星 19年にも打ち上げ

[有料会員限定]

シンガポールに本社を置く衛星ベンチャーのアストロスケールは、地球上空を漂う宇宙ごみを除去する人工衛星を2019年前半にも打ち上げる。使用済みの衛星などを磁力で引き寄せ、大気圏に落として燃やす。20年のサービス開始を目指す。

宇宙ごみは使用済みの衛星やロケットから切り離された部品などの人工物。直径10センチメートル以上のものだけで約2万個が見つかっており、ここ20年間で2倍にふくれあがった。超小型衛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り234文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン