三菱重、長崎を拠点に 洋上LNG発電 運搬船・設備を一体提供

2017/4/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱重工業は液化天然ガス(LNG)運搬船や浮体式発電設備を組み合わせた洋上LNG発電設備事業を本格化し、長崎造船所(長崎市)を主要拠点にする方針を固めた。長崎はガス運搬船の豊富な建造実績を持ち、研究所や子会社の三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の原動機工場がある。受注が増えれば、長崎は重工祖業の造船所からLNG関連設備の一大製造拠点に生まれ変わる。

洋上LNG発電では、LNGの輸送から貯留、再…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]