/

この記事は会員限定です

福島の「世界一薄い絹織物」、エルメスが採用 斎栄織物

[有料会員限定]

世界一薄い絹織物「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」を開発した斎栄織物(福島県川俣町、斎藤泰行社長)が、フランスの高級ブランド「エルメス」にスカーフの生地を供給する。エルメスが2018年春夏物を発表する今秋に向け、約2000枚を作れる量のフェアリー・フェザーを受注した。原発事故で悪化した福島のイメージ回復にもつながりそうだ。

商品は18年の年明けにも各国の店頭に並ぶ見通し。今回注文を受けたのは生地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン