2018年11月17日(土)

福島の「世界一薄い絹織物」、エルメスが採用 斎栄織物

2017/4/18 0:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界一薄い絹織物「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」を開発した斎栄織物(福島県川俣町、斎藤泰行社長)が、フランスの高級ブランド「エルメス」にスカーフの生地を供給する。エルメスが2018年春夏物を発表する今秋に向け、約2000枚を作れる量のフェアリー・フェザーを受注した。原発事故で悪化した福島のイメージ回復にもつながりそうだ。

商品は18年の年明けにも各国の店頭に並ぶ見通し。今回注文を受けたのは生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報