/

石川県鉄工機電協会、24年ぶりトップ交代

石川県鉄工機電協会は17日、役員選考委員会を開き、渋谷弘利会長(渋谷工業社長、85)の後任に菱沼捷二副会長(津田駒工業会長、75)を内定したと発表した。6月22日の通常総会で正式に就任し、渋谷氏は名誉会長に就く。

同協会は県内の機械メーカーなど700社超が加盟する。渋谷会長は歴代最長となる12期24年間、会長職を務めた。在任が長期に及んでいたことなどから退任を申し出ていた。菱沼氏は石川県経営者協会の会長も務めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン