/

北海道新幹線開業効果、大きい地域差 道銀、観光関連企業調査

北海道銀行は2017年の観光関連事業者の聞き取り調査結果をまとめた。昨年の北海道新幹線の開業で観光客数が「非常に増えている」「増えている」とした事業者の割合は、道南では75%に達した。一方、オホーツクでは「減っている」とする事業者が46.7%となり、開業効果が地域で大きく異なることが浮き彫りになった。

2~3月に道内の観光関連475社を対象に調査した。282社が回答した。

開業により、道南では全事業者がプラスの効果があったとした。一方、空知、後志では6~7割が、十勝、胆振・日高、道北では8割以上の事業者がそれぞれ影響はないと答え、オホーツクは40%がマイナスの効果と回答した。

またプラスの開業効果があったと答えた事業者の割合は、開業直前の16年1月の調査でプラスの開業効果を予想した割合より、道南を除く全地域で大きく下回った。道銀は「当初期待したほどの効果が広がっていない」と指摘した。

同行は調査で事業者からのニーズが多かった、インバウンド(訪日外国人)呼び込みを含む観光業への後押しを強化する。エイチ・アイ・エスクレディセゾン、海外の大手旅行予約サイトなど55社が参加する商談会を、5月18日に札幌市で開く。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません