/

この記事は会員限定です

サラヤ、東アフリカで和食店 日系VBに出資

[有料会員限定]

中堅洗剤メーカーのサラヤ(大阪市、更家悠介社長)は、今秋に東アフリカのウガンダで和食料理店を出店する日系ベンチャー企業(VB)に出資する。このVBにはうどん店「丸亀製麺」を運営するトリドールも出資している。経済発展に伴い、地元の富裕層や東アフリカで事業拡大する日系企業の駐在員らの間で日本食への需要が高まるとみて、出資を決めた。

サラヤが出資するのはウガンダの首都、カンパラ市で和食店「やま仙」を開業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン