/

この記事は会員限定です

レノボ、AI投資に軸足 IoT含め4年で1300億円

[有料会員限定]

パソコン世界大手、中国レノボ・グループは2021年3月期までの4年間で人工知能(AI)やIoTの分野に12億ドル(約1300億円)以上の研究開発費を投じる計画を明らかにした。米グーグルや米アマゾン・ドット・コムとも提携しながら次世代端末の開発に新技術を取り入れる。売上高に占めるスマートフォン(スマホ)を軸とする新規事業の比率を現在の3割程度から5割まで高めるとしている。

楊元慶董事長兼最高経営責任...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン