2019年8月20日(火)

南都銀が信託・相続商品 遺言代用など17日から取り扱い

2017/4/15 6:00
保存
共有
印刷
その他

南都銀行は銀行本体による信託・相続業務の取り扱いを17日に始める。関西の地方銀行では初めてという。マイナス金利の長期化で預貸業務の収益が減る中、個人向けの金融商品・サービスを強化し、手数料収入の拡大を目指す。

これまでは信託・相続業務については信託銀行代理店として取り次ぎなどを手掛けてきた。昨年12月に金融庁から信託業務の兼営認可を取得し、信託業務を直接手掛けられるようになった。

まず「遺言代用信託」「遺言信託」「遺産整理業務」の3分野の商品・サービスを取り扱う。今年度上期は遺言代用信託で500件の契約を目標にする。

同行の個人預金残高の約半分は65歳以上だが、今後は遺産相続の信託商品のニーズが高まるとみられる。担当者は「高齢者に様々な信託商品を提案し、きめ細かくサポートしていく」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。