/

絵付け・和菓子…京都駅前で和文化体験 タワーの商業施設刷新

京阪ホールディングス(HD)はJR京都駅前にある京都タワーの商業施設を14日にリニューアル開業する。同施設は1964年に開業したが、主要客は修学旅行生で、インバウンド(訪日外国人)客などを取り込めていなかった。新施設では飲食店や土産物店のほか、和菓子作りや握りずしを体験できる店舗もそろえ、拡大するインバウンド需要を取り込む。

新施設の名称は「京都タワーサンド」。京都タワービルの地下1階から地上2階に計55店が出店する。目玉となるのは2階の体験型店舗だ。

老舗和菓子屋「七條甘春堂」の店舗では1人2500円で職人の指導を受けながら季節に合わせた和菓子作りが体験できる。作った和菓子は自身でたてた抹茶と一緒に味わえる。2階には食品サンプル作りや清水焼の絵付けができる店も並ぶ。

1階の洋菓子店「マールブランシュ」では抹茶のアイスを抹茶ソースにつけて食べるアイスバーを提供。地下1階では地元産のネギやキャベツを使ったギョーザや京都産の地酒やワインを提供するレストランが集まる。

京阪HDは3月に京都タワーホテルアネックス(京都市)を改装開業したほか、来年には京都駅近辺に高級ホテルを新設する計画だ。鉄道事業に大幅な成長を見込めないなか、京都タワーサンドとホテルの相乗効果を引き出して訪日客の利用増を目指す。

京都駅周辺の商業施設では、ジェイアール京都伊勢丹も97年の開業以来初となる大規模改装を予定している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン